グローバル・マクロ・シフト

グローバルマクロ投資における環境・社会・ガバナンス要因についての考察
マイケル・ハッセンスタブPh.D

環境、社会、ガバナンス(ESG)要因は、現在債券投資において各国の将来の経済状況を分析する際に付加価値のある指標として認知されています。今回のグローバル・マクロ・シフトでは、テンプルトン・グローバル・マクロ・グループがESG要因を調査プロセスにどのように組み込んでいるかについて説明しています。同グループでは、Templeton Global Macro ESG Index(TGM-ESGI)と呼ばれる独自のESGスコアリング・システムを開発し、様々な国の現在と将来におけるESGの状況を評価し、世界中の国々のマクロ経済状況の比較に役立てています。

債券投資におけるESG要因

テンプルトン・グローバル・マクロ・グループの調査プロセスにおけるESG要因の重要性と、同グループのESG分析の他社との違いについて、Dr.マイケル・ハッセンスタブとビビアン・グゥオによる説明がご覧いただけます。

TGM-ESGIケーススタディ 2つの国の状況

TGM-ESGIにおいて、アルゼンチンがESGスコアの最も大きな改善が見込まれる国として突出している理由とベネズエラの非常に厳しい状況について、Dr.マイケル・ハッセンスタブとビビアン・グゥオによる説明がご覧いただけます。

グローバル・マクロ・シフト:今後の見通しにおけるESGの位置づけ

ESGに関するテンプルトン・グローバル・マクロ・グループの厳格な分析が、投資見通しにどのように反映されているか、Dr.マイケル・ハッセンスタブによる説明がご覧いただけます。

トピックペーパー

テンプルトン・グローバル・マクロ・グループがESG要因を調査プロセスにどのように組み込んでいるかについて説明したレポートをお読みいただけます。

  トピックペーパー