オルタナティブ戦略

フランクリン・テンプルトンは、お客様が伝統的な資産配分にとどまらず新しいアプローチを必要とする複雑な投資環境に直面していると考えています。我々は、相関の低い新しいアルファの源泉を追求する先駆者として、顧客ニーズを満たすための経験、規模、商品ラインアップを有しています。

当戦略のアプローチ

堅実かつリスク管理されたオルタナティブ資産の運用を行うには、様々な市場サイクルを通して長年かけて磨かれた特定の知識と経験が必要です。1984年にオルタナティブ資産への投資を開始して以来、当社は最高水準のオルタナティブ投資ソリューションを提供することに力を注いできました。*

当戦略の特徴は以下の通りです。

  • 専門チームによる幅広いオルタナティブ戦略:ヘッジ戦略、リアル・アセット、プライベート・エクイティ、プライベート・デットなど、幅広い戦略を提供しています。
  • 革新を続ける実績のある歴史:1940年代*にグローバルおよび新興国市場への投資を先駆的に開始し、20年以上前にはヘッジファンドやプライベート・エクイティの運用会社を設立しました。
  • グローバル企業としての強み:総合的なグローバル投資プラットフォームを活用しています。
  • 幅広い顧客層:確定給付および確定拠出年金制度、保険会社、金融専門会社など、規模および種類において顧客層は多岐にわたります。

運用グループ

フランクリン・テンプルトンは複数の運用ブティックを通して、幅広いオルタナティブ戦略を提供しています。これにより、各運用ブティックの投資プロセスの一貫性と専門性を維持しながら、それぞれの見解や取り組みを共有することが可能となっています。

戦略

フランクリン・テンプルトンは複数の運用グループのプラットフォームを通して、機関投資家の皆様に幅広いオルタナティブ戦略を提供しています。これらの戦略の多くはカスタムソリューション、合同運用、セパレート・アカウントなどによりご提供が可能です。**