沿革

フランクリン・テンプルトンは、米国ニューヨークで小規模な運用会社としてスタ ートしました。しかし、今日ではグローバルに展開する大手資産運用会社の一角を占めるまでに成長しました。

70年以上にわたって営んできた運用業務の経験や、グローバルネットワークを通じて培った豊富な運用ノウハウを駆使し、ご投資家の皆様に投資目的や資産運用ニーズに応じた運用商品およびサービスを提供しております。

Rupert H. Johnson

1947年

ルパート・H・ジョンソン Sr.が、ニューヨークのウォールストリートにフランクリン・ディストリビューターズ・インクを設立

ベンジャミン・フランクリンの「貯蓄と投資を行うときに一番大切なのは、倹約と用心深さである」 というビジネス哲学に深く感銘を受け、アメリカ建国の父でもあり、偉大なる科学者、そして優れた投資家でもあった彼の名を社名に冠しました。

(写真:ルパート・H・ジョンソン Sr.)

Charles B. Johnson

1957年

チャールズ・B・ジョンソンが、社長および最高経営責任者(CEO)を継承

当時の運用総資産は約250万米ドルにすぎず、従業員はわずかでした。

当時、米国における中流階級の資産運用は主に保険会社が手掛けていました。運用会社のビジネスチャンスは非常に低いという考え方が一般的な中で、将来の成功を確信して成長を目指していました。
(写真:チャールズ・B・ジョンソン)

Bull and bear markets

1960年

1960年代の米国は、10年にわたり強気(ブル)相場と弱気(べア)相場が繰り返され、金融業界が活気付いていた時期でした。
粘り強い努力を続け、徐々に成果を挙げ、1960年代初頭から成長が始まりました。
(写真:ブル(雄牛)とベア(熊))

Franklin Resources Common Stock Certificate

1971年

持株会社フランクリン・リソーシズ・インクの株式を公開

1973年

カリフォルニア州サンマテオに拠点を置く投資会社、ウィンフィールド・アンド・カンパニー社を買収

買収に伴い、本社をニューヨークからカリフォルニア州サンマテオに移転しました。買収後の運用総資産は約2億5千万米ドル、従業員は約60人にまで拡大しました。

(写真:公開時のフランクリン・リソーシズ・インク株式)

New York Stock Exchange

1980年

1980年代に入ると、運用総資産額は6年連続で年約2倍のペースで増加しました。

1986年

フランクリン・リソーシズ・インクの株式がニューヨーク証券取引所に上場

台湾事務所を開設し、初めて北米以外に拠点を置きました。

1988年

L.F.ロスチャイルド ファンド マネジメント カンパニーを買収

1989年

運用総資産が約400億米ドル超に成長
(写真:ニューヨーク証券取引所)

Dr Mark Mobius and Sir John Templeton

1990年

1990年代には、積極的な買収戦略をとりました。この戦略により、運用商品は債券以外の資産にも拡大し、また欧州やアジアなどにもネットワークを広げました。

1992年

テンプルトン・ガルブレイス&ハンスバーガー社の買収について、有名なグローバル投資家であるSirジョン・テンプルトンと合意

テンプルトンの買収により、優れたグローバル株式や外国株式の資産を獲得しました。加えて、新興国市場への投資のパイオニアとして知られるDr.マーク・モビアスを迎えることに成功しました。Dr.マーク・モビアスは40年以上にわたり世界中の新興国の視察・研究を続けています。

1996年

投資会社ハイネ・セキュリティーズ社と同社のバリュー投資で実績のある投資信託「ミューチュアル・シリーズ・ファンド」を買収

この買収により、米国株式の運用商品を拡充しました。

(写真  右 Sirジョン・テンプルトン (1912年-2008年)
左 Dr.マーク・モビアス)

Gregory E. Johnson

2000年

カナダ株やバランス運用、債券運用において高い評価を得ていたカナダの著名な運用会社ビセット社を買収

2001年

機関投資家および富裕層向けビジネスに強みを持つフィデュシャリー・トラスト・カンパニー・インターナショナル社を買収

2003年

新興国市場におけるプライベート・エクイティ投資のパイオニアであるダービー・オーバーシーズ・インベストメント社を買収

2005年

グレゴリー・E・ジョンソンがフランクリン・テンプルトンの最高経営責任者に就任

(写真:グレゴリー(グレッグ)・E・ジョンソン)

Global

2010年代

フランクリン・テンプルトンは、お客様のためにより優れた運用実績をご提供する方法を追求し続けています。

2012年

ファンド・オブ・ヘッジファンズを始めとするオルタナティブ商品及びソリューションを提供するK2アドバイザーズの株式の過半数を取得したことで、オルタナティブ商品ラインアップが拡充されました。

2013年

50年以上にわたりフランクリン・テンプルトンに成長と変化をもたらし成功へと導いたチャールズ・B・ジョンソンが会長職を退任。ハードワーク、そしてお客様への献身と絶え間ないサービスの上に成功は築かれる、というのが彼の信念でした。

2014年

フランクリン・テンプルトンは、初めての上場投資信託(ETF)商品の販売を開始し、低コストかつ透明性の高い商品の提供を始めました。現在も、アクティブ、パッシブ、スマートベータ戦略を含むFranklin LibertyShares® ETFラインナップを世界規模で拡充し続けています。

10年にわたりフランクリン・テンプルトンは、ソリューションおよびオルタナティブ商品拡充のために、マクロデータに特化したクオンツ専門運用会社や、投資データ分析、機械学習、統計解析の専門会社といった企業の買収を継続しました。

2018年

フランクリン・テンプルトンは、定評のあるグローバルバリュー資産運用会社であるエジンバラ パートナーズを取得しました。これにより、グローバル株式商品が強化され、高く評価されている運用チームとリーダーシップが加わりました。

2019年

クレジット運用に特化した大手オルタナティブ資産運用会社のベネフィット・ストリート・パートナーズを買収しました。この買収により、フランクリン・テンプルトンのオルタナティブ商品ラインアップが拡充されました。

現在、グレッグ・ジョンソンが会長兼CEOです。今日、フランクリン・テンプルトンは世界35ヵ国に従業員を有し、170ヵ国以上のお客様に商品とサービスを提供する世界最大級の独立系資産運用会社となっています。