日本

This website is intended for residents of Japan.

フランクリン・ミューチュアル・シリーズ

フランクリン・ミューチュアル・シリーズでは、多くの投資家が見過ごしている割安株を見出すことに注力しています。株価は、短期的には市場変動の影響を受けるものの、長期的にはキャッシュフロー、収益力、そして企業の本質的価値を反映するとの考えに基づき、長期に良好なリスク調整後リターンの獲得を目指します。過去60年超に亘り、我々の一貫したディープ・バリュー戦略は、長期的運用を行うお客様のポートフォリオ戦略に貢献してまいりました。

 1949年以来、当チームは割安株戦略を実践しています。

  • 機動的なバリュー投資:企業の本質的価値についての市場の見方が変化する契機(カタリスト)を持つ割安銘柄を中心に投資を行います。ボトムアップによるリサーチを通じて、見過ごされている割安株の発掘を目指します。
  • 企業オーナーの視点で考え行動:投資家(顧客)の利益最大化のため、必要に応じて、アクティビスト(物言う投資家)として行動します。
  • リスク低減の追求:割安株は文字通り過小評価されていることから、リスクが低いと考えます。当チーム独自の運用戦略は、歴史的に市場に比べボラティリティが低く、長期的に良好なリターンの獲得に繋がりました。

フランクリン・ミューチュアル・シリーズの概要:

設立 1949
運用スタイル ディープ・バリュー
提供戦略 グローバル、地域
強み
  • 60年超に亘るディープ・バリュー投資の実績
  • 割安株投資を中心とする一方、合併アービトラージ戦略やディストレス証券戦略も利用
  • 必要に応じてアクティビスト(物言う投資家)として活動