日本

This website is intended for residents of Japan.

ESG投資

ESG投資

FTIは、特に長期的な運用においてより包括的な見通しを提供するためには、従来からの財務情報とあわせて環境、社会、ガバナンス(ESG)要因が考慮される必要があると考えます。ESG分析の目的は、単にリスクを特定し計測することだけではなく、投資機会を特定することでもあると考えます。

FTIは、投資サイクルの様々な段階においてESG課題が認識されるよう、ESG要因を運用プロセスに完全に統合したアプローチを意図的に採用しています。また、国連の責任投資原則(PRI)の署名機関であり、ESGの視点を取り入れた運用に取り組んでいます。

ESGの視点を統合したアプローチ

ESG要因を運用プロセスに完全に統合したアプローチとは、ファンダメンタルズリサーチ分析から、ポートフォリオ構築・管理、およびリスク管理に至るまでの運用プロセス全般を通して、ESG要因を組み入れる取り組みを意味しています。

このアプローチは、FTIの運用リサーチチームやリスク管理の枠組みにおいて採用されており、各運用チームはその運用スタイルに応じて柔軟に対応しています。

ESGの視点を統合したアプローチ

「顧客本位の業務運営を実現するための方針」および「日本版スチュワードシップ・コード」の受入れについては、こちらのページをご参照ください。

加盟機関およびメンバーシップ

ESGへの取り組みの一環として、FTIは以下の機関の署名機関またはメンバーとなっています。

FTIは責任投資原則(PRI)の署名機関です。

Principles for Responsible Investment

International Corporate Group Network

UK Sustainable Investment and Finance Association

Eurosif

Canadian Coalition for Good Governance

重要事項

当資料は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、個別の投資助言または証券の売買、保有、または投資戦略の採用に関する推奨や勧誘を行うものではありません。すべての投資はリスクを伴い、投資元本は毀損する可能性があります。投資戦略がその目標を達成する保証はありません。また、運用実績は為替変動の影響を受ける場合があります。流動性の低下は資産価格に悪影響を及ぼす可能性があります。外国証券への投資には為替変動の影響が及ぶ場合があります。新興国へ投資する戦略の場合、先進国へ投資する戦略に比べてリスクが増大する可能性があります。デリバティブへ投資する戦略の場合、当該戦略のリスク特性の増大に繋がる可能性のある特定のリスクを伴う場合があります。特定のセクターや地域へ投資する戦略の場合、そのリターンはより分散投資された戦略に比べてボラティリティが高まる可能性があります。