世界No.1の経済大国
アメリカを支える米国地方債

フランクリン・テンプルトン・アメリカ地方債ファンド

(為替ヘッジあり)/(為替ヘッジなし)
愛称:ムニボン
追加型投信/海外/債券
動画
2022.6.20

[関連コンテンツ] 大幅利上げ後のアメリカ地方債利回りの展望

1.米国地方債とは?

米国地方債とは、米国の地方自治体がインフラ整備等の支出の財源として発行する債券です。
大きく「一般財源保証債」と「レベニュー債」の2種類に分類されます。また、景気変動の影響を受けにくい公益インフラ関連(レベニュー債)の比率が高いことが特徴です。

米国地方債の分類

一般財源保証債とレベニュー債

(出所)各種資料を基にフランクリン・テンプルトン・ジャパン作成

※上記は米国地方債の特徴の一部を記載したものであり、全ての特徴を網羅するものではありません。

米国地方債のセクター構成比率

(2022年3月末時点)

米国地方債のセクター構成比率グラフ

(出所)ブルームバーグ

※米国地方債:ブルームバーグ米国地方債(課税債)指数。

米国地方債運用のパイオニア!
フランクリン・テンプルトン
FRANKLIN TEMPLETON

米国地方債の銘柄数は米国株式の約200倍あり、米国地方債市場の規模を考えると、運用チームの経験とリサーチ能力が投資機会やリスクを見出すための重要なポイントとなります。

フランクリン・テンプルトンは1977年から地方債の運用を行う、全米最大級の米国地方債運用のパイオニアです。当ファンドのマザーファンドの運用は、フランクリン・テンプルトン・グループのフランクリン・アドバイザーズ・インクに委託します。

2.相対的に高い利回り

米国地方債の利回りは、米国10年国債などと比較して相対的に高い水準にあります。米国地方債の中でも課税債への投資は、日本の投資家にとって、国内の投資信託を通じて投資する場合は、米国での課税は免除されるため、相対的に高い利回りの恩恵を享受することができると考えられます。

主要な債券利回りの比較

(2022年4月末時点)

(出所)ブルームバーグ

※米国地方債、米国投資適格社債、米国ハイイールド社債は期限前償還などの影響を調整した利回りです。

※米国地方債:ブルームバーグ米国地方債(課税債)指数、米国投資適格社債:ブルームバーグ米国社債指数、米国ハイイールド社債:ICE BofA・US・ハイイールド指数。

※各国10年国債はムーディーズによる自国通貨建長期債格付を記載。

米国地方債の税制について

米国地方債の税制について説明図

※税制は今後変更される可能性があります。なお、日本の投資家が国内の投資信託を通じて投資する場合、投資信託の税制に基づいた課税が行われます。

3.信用力の高さ
(安全性)

米国地方債は、米国投資適格社債と比べ、信用力が高く(安全性が高い)、グローバル社債と比べ、デフォルト(債務不履行)率が低い水準となっています。

格付が高い = 信用力が高い

米国地方債と米国投資適格社債の
格付別構成比

(2022年3月末時点)

米国地方債と米国投資適格社債の格付別構成比グラフ

(出所)ブルームバーグ

※米国地方債はブルームバーグ米国地方債(課税債)指数、米国投資適格社債はブルームバーグ米国社債指数。

デフォルト率が低い = 安全性が高い

米国地方債とグローバル社債の
デフォルト率

米国地方債とグローバル社債のデフォルト率グラフ

(出所)ムーディーズ「米国地方債のデフォルトおよび回収率(1970年~2020年)」

※1970年~2020年の期間において、各債券を10年間保有した場合の平均デフォルト率の平均値。

※格付はムーディーズの表記を記載

当ファンドは、原則として、取得時においてS&P、ムーディーズ、フィッチ・レーティングスのうち1社以上の格付機関から投資適格(BBB-/Baa3)以上の格付けが付与された、あるいはこれに相当する信用力をもつと運用者が判断する公社債を主要な投資対象とします。

4.長期で安定した
パフォーマンス

米国地方債は過去の危機局面や米国の利上げ局面など、様々な局面でも相対的に安定したパフォーマンスとなっています。

米国の各資産の推移

(2006年12月末~2022年3月末)

(出所)ブルームバーグ

※各期間は、①米国金融危機:2007年10月末~2009年2月末、②欧州債務危機:2011年4月末~2011年9月末、③米国利上げ期:2015年11月末~2018年12月末、④コロナ危機:2019年12月末~2020年3月末

※米国地方債:ブルームバーグ米国地方債(課税債)指数、米国債:ブルームバーグ米国債指数、米国投資適格社債:ブルームバーグ米国社債指数、米国ハイイールド社債:ICE BofA・US・ハイイールド指数、米国株:S&P500指数(配当込み)、全て米ドルベース。

※本資料に記載するデータは、過去の実績であり、将来の運用成果等を予測あるいは保証するものではありません。

※ブルームバーグ米国地方債(課税債)指数は当ファンドのベンチマークではありません。

ファンド詳細(為替ヘッジあり)

ファンド詳細(為替ヘッジなし)

ご注意事項
  • 当資料は、フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社(以下「当社」)が作成した資料です。
  • 当資料は、当社が各種データに基づいて作成したものですが、その情報の確実性、完結性を保証するものではありません。
  • 当資料に記載された運用スタンス、目標等は、将来の成果を保証するものではなく、また予告なく変更されることがあります。
  • この書面及びここに記載された情報・商品に関係する権利は当社に帰属します。したがって、当社の書面による同意なくして、その全部もしくは一部を複製し又その他方法で配布することはご遠慮ください。
  • 当資料は情報提供を目的としてのみ作成されたもので、証券の売買の勧誘を目的としたものではありません。
  • 投資信託は預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。
  • 投資信託は金融機関の預貯金とは異なり、元本及び利息の支払いの保証はありません。
  • 証券会社以外で投資信託をご購入された場合は、投資者保護基金の支払いの対象にはなりません。
  • 投資信託は値動きのある証券(外国証券には為替リスクもあります)に投資しますので、組入証券の価格の下落や、組入証券の発行者の信用状況の悪化等の影響による基準価額の下落により、損失を被ることがあります。したがって、投資元本は保証されているものではなく、投資元本を割り込むことがあります。
  • 投資資産の減少を含むリスクは、投資信託をご購入のお客様に帰属します。過去の運用実績は将来の運用成果等を保証するものではありません。
  • 投資信託の取得の申込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)をお渡しいたしますので、必ず内容を十分ご確認のうえご自身でご判断ください。
  • 投資信託説明書(交付目論見書)は、取扱販売会社の窓口にご請求ください。

当ウェブサイトは、日本国内に居住されているご投資家を対象としています。
This website is for Japan residents.

TOPへ戻る
一般財源保証債
カリフォルニア州
西コントラコスタ郡統一学区
カリフォルニア州西コントラコスタ郡統一学区

同郡の学校を管理、生徒の入学要件、教育基準の設定、カリキュラムなどのサービスを提供・運営するための目的で発行

利回り 4.1%
格付 Aa3
レベニュー債
ワシントン州
ヘルスケア施設公社
ワシントン州ヘルスケア施設公社

近代的設備の整った病院、介護施設などのための資金調達を目的に発行

利回り 3.8%
格付 Aa3
レベニュー債
イリノイ州シカゴ下水道
イリノイ州シカゴ下水道

イリノイ州シカゴ市の下水道供給の運用目的で発行

利回り 4.1%
格付 Aa2
レベニュー債
ミシガン州立大学
ミシガン州立大学

ミシガン州の総合大学。大学、大学院のほか、プロフェッショナル向けの学位プログラムも提供。教育サービスの運営目的で発行

利回り 3.5%
格付 Aa2

(出所)フランクリン・アドバイザーズ・インク、ブルームバーグ、2022年3月末時点

※上記の利回りは期限前償還などの影響を調整した税引き前の利回りです。

※上記の利回り等はファンドの運用利回り等ではなく、ファンドの運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

※上記の銘柄は投資者の皆さまにイメージをつかんでいただくために、フランクリン・アドバイザーズ・インクより提供された情報であり、将来の組み入れを示唆・保証するものではありません。また、特定の有価証券等の取得または売買推奨を行うものではありません。

※格付はS&P、ムーディーズのうち最上位の格付で算出・作成し、ムーディーズの表記を記載。

※写真はイメージです。

米国地方債の運用残高
お金アイコン

約720億米ドル
(約8.3兆円)*

運用プロフェッショナル
チームアイコン

26名
平均22年の業界経験

インカムの最大化を目指し、規律ある一貫した投資哲学に基づき運用を行っています。

※2021年12月末時点

*2021年12月末時点、為替は三菱UFJ銀行の2021年12月末 1米ドル=115.02円にて円換算

債券の格付イラスト

債券の格付とは、格付機関 *が、発行された債券の様々な要素を分析しランク付けしたものです。
債券の信用リスクを知るうえで、非常に重要な指標です。

*格付機関は、S&P、ムーディーズ、フィッチ・レーティングス等があります。格付の基準や定義は、各機関ごとに異なる場合があります。