マーティン・カリーは、グローバルに展開する現代的で活気に満ちた運用会社です。マーティン・カリーは「Investing to Improve LivesTM(より良い人生のための投資)」という目的を掲げて活動しています。これは、顧客とのパートナーシップを通じて、株式投資家として、事業慣行として、雇用主として、そして地域社会の一員として、私たちの行動のすべてを支えるものです。

What We Do

主要なケイパビリティ

マーティン・カリーの株式に焦点を当てたアプローチは、綿密なファンダメンタルズ・リサーチと熟練したポートフォリオ構築に基づいています。長期的な視点で投資し、株式の成長を捉えることを追求しますが、リサーチにより適正なバリュエーションでクオリティの高い投資機会を特定した場合に投資を行います。

確信度の高いアクティブ運用

厳格なファンダメンタルズ・リサーチは、独立したダイナミックなリスク機能を持つ強固な評価規律を補完します。

規律ある共同リサーチプロセス

チーム内外の強力なコミュニケーションとコラボレーションを通じて、知識、経験、専門性を共有します。

カスタマイズされた株式ソリューション

顧客が求める成果を追求するために構築された投資ソリューションを提供。

ESGへの取り組み

ESG専任の人材、およびすべての投資アナリストによる完全に統合されたESG分析。ポートフォリオ・マネジャーとアナリストが主導するグローバルな統合、洞察、エンゲージメント。エンゲージメントと成果に焦点を当てる- すべてのステークホルダーのための「Investing to Improve LivesTM(より良い人生のための投資)」。

At a Glance

チームの専門性

140年以上

運用経験

50名のチーム

確信度の高いポートフォリオを運用する投資家

グローバル・フットプリント

メルボルン、エジンバラ、リーズ、ロンドン、ニューヨーク、シンガポールにオフィスを構えています。

208億米ドル以上

運用資産


出所 : マーティン・カリー、2023年3月31日現在

チーム・スナップショット

設立 : 19世紀
投資スタイル : グロース、インカム
運用ケイパビリティ : 長期的なキャピタルゲインを目指す多様な株式戦略

 

投資哲学

運用プラットフォーム – 権限を与えられて自律的なプラットフォーム

マーティン・カリーは運用チームの成功実現のための環境を構築しており、顧客に最良の投資アイデアが詰まったポートフォリオを提供します。

マーティン・カリーのリソースを最大限に活用するため、上場株式のみに焦点を当てています。権限を与えられた各株式運用チームは完全に自律的であり、それぞれが独自の投資哲学、運用スタイル、運用プロセスを有しています。各運用チームは、ファンダメンタルズ・リサーチに基づいて、確信度の高いポートフォリオを運用するという共通のアプローチを採用しています。すべての株式チームは、ESG分析を運用プロセスに完全に統合しており、マーティン・カリーの持つ経験と専門知識から恩恵を受けることができます。

マーティン・カリーは、優れた運用チームの成功実現のための環境とインフラを提供し、雑念を排除して、「Investing to Improve LivesTM(より良い人生のための投資)」に焦点を当て、顧客のために投資リターンを生み出すことを目指します。

マーティン・カリーは「Investing to Improve LivesTM(より良い人生のための投資)」という目的を掲げて活動しています。これは、顧客とのパートナーシップを通じて、株式投資家として、事業慣行として、雇用主として、そして地域社会の一員として、私たちの行動のすべてを支えるものです。”

ジュリアン・イデ

最高経営責任者

サステナブル投資

サステナブルな未来を見据える
 

投資家としての運用チームの行動を通じて、私たちを取り巻く世界に前向きな変化をもたらすことができます。
マーティン・カリーは、2009年に国連が支援する「責任投資原則(PRI)1」 にいち早く署名して以来、スチュワードシップとサステナビリティのあらゆる側面においてリーダー的役割を果たしています。PRIから常に高い評価を得ており、野心的な新たな英国スチュワードシップ・コード2に署名した最初の資産運用会社の1つです。

マーティン・カリーにとって、ESG インパクトとサステナブルな経済的リターンは根本的に結びついています。スチュワードシップはマーティン・カリーの投資哲学の重要な要素であり、すべての運用戦略の中核をなすものです。

運用チームは、サステナブルな成果に明確に焦点を当てています。最大限の効果を得るためには、ESG 分析、エンゲージメント、議決権行使はアウトソーシングではなく、実際に投資決定を行う者によって実施されるべきであると私たちは考えています。

スチュワードシップ・アプローチ
専任のスチュワードシップおよびESGチームのサポートにより、運用チームは企業が直面するまたは生み出すESGリスク、機会、および影響について十分な情報に基づいた見解を得るのに最適な立場にあります。
現在、マーティン・カリー は主に3つの方法でサステナブルな未来への変革をリードしていると確信しています。

運用方法:

サステナビリティの課題に対する革新、開発、およびソリューションを提供している企業を特定します。

マーティン・カリーが与える影響:

顧客に代わってマーティン・カリーが投資する企業に直接的および共同イニシアチブを通じて影響を与え、サステナブルなビジネス・プラクティスの定着と前向きな変化の推進をサポートします。

ビジネスの運営方法:

企業として同じ厳格なサステナビリティ基準を遵守することを約束します。

お問い合わせ

機関投資家のお客様からのお問い合わせは、下記のメールアドレスまでお願い申し上げます。メール本文には、①御社名、②お名前、③ご連絡先(電話番号など)の情報を必ずご記入ください。お問い合わせ内容によりましては、返信にお時間を頂く場合やお答えできない場合がございますので、予めご了承ください。また、お客様の個人情報は当社の個人情報保護宣言に基づき適切に取り扱われます。

サイトマップ
Top