• ファンド情報・基準価額一覧
  • マーケット情報
  • 特 集
  • 動画コンテンツ
会社案内
機関投資家の皆様
  • 運用戦略一覧
  • 関連レポート一覧
  • 関連動画一覧
お気に入り
ホーム会社案内 > フランクリン・テンプルトンの沿革

フランクリン・テンプルトンの沿革

1940年代

写真:ルパート・H・ジョンソン Sr.

1947年

ルパート・H・ジョンソン Sr.が、ニューヨークのウォールストリートにフランクリン・ディストリビューターズ・インクを設立、ベンジャミン・フランクリンの「貯蓄と投資を行うときに一番大切なのは、倹約と用心深さである」というビジネス哲学に深く感銘を受け、アメリカ建国の父でもあり、偉大なる科学者、そして優れた投資家でもあった彼の名を社名に冠しました。

(写真:ルパート・H・ジョンソン Sr.)

1950年代

1957年

チャールズ・B・ジョンソンが、社長及び最高経営責任者(CEO)を継承。当時の運用総資産額は約250万米ドルにすぎず、従業員はわずかでした。当時、米国における中流階級の資産運用は主に保険会社が手掛けていました。運用会社のビジネスチャンスは低いという考えが一般的な中で、将来の成功を確信して成長を目指していました。

(写真 : チャールズ・B・ジョンソン)

写真:チャールズ・B・ジョンソン

1960年代

写真 : ブル(雄牛)とベア(熊)

1960年

1960年代の米国は、10年にわたり強気(ブル)相場と弱気(ベア)相場が繰り返され、金融業界が活気づいていた時期でした。粘り強い努力を続け、徐々に成果を挙げ、1960年代初頭から成長が始まりました。

(写真 : ブル(雄牛)とベア(熊))

1970年代

1971年

持株会社フランクリン・リソーシズ・インクの株式を公開。

1973年

カリフォルニア州サンマテオに拠点を置く投資会社、ウィンフィールド・アンド・カンパニー社を買収。買収に伴い、本社をニューヨークからカリフォルニア州サンマテオに移転しました。買収後の運用総資産額は約2億5千万米ドル、従業員は約60人にまで拡大しました。

(写真 : 公開時のフランクリン・リソーシズ・インク株式)

写真 : 公開時のフランクリン・リソーシズ・インク株式

1980年代

写真 : ニューヨーク証券取引所

1980年

1980年代に入ると、運用総資産額は6年連続で年約2倍のペースで増加しました。

1986年

フランクリン・リソーシズ・インクの株式がニューヨーク証券取引所に上場。 台湾事務所を開設し、初めて北米以外に拠点を置きました。

1988年

L.F.ロスチャイルド ファンド マネジメント カンパニーを買収。

1989年

運用総資産額が約400億米ドル超に成長。

(写真 : ニューヨーク証券取引所)

1990年代

1990年

1990年代には、積極的な買収戦略をとりました。この戦略により、運用商品は債券以外の資産にも拡大し、また欧州やアジアなどにもネットワークを広げました。

1992年

テンプルトン・ガルブレイズ&ハンスバーガー社の買収について、有名なグローバル投資家であるSirジョン・テンプルトンと合意。テンプルトンの買収により、優れたグローバル株式や外国株式の資産を獲得しました。加えて、新興国市場への投資のパイオニアとして知られるDr.マーク・モビアスを迎えることに成功しました。Dr.マーク・モビアスは40年以上にわたり世界中の新興国の視察・研究を続けてきました。

1996年

投資会社ハイネ・セキュリティーズ社と同社のバリュー投資で実績のある投資信託「ミューチュアル・シリーズ・ファンド」を買収。この買収により、米国株式の運用商品を拡充しました。

(写真 : 左 Dr.マーク・モビアス、右、Sirジョン・テンプルトン(1912年-2008年))

写真 : 左 Dr.マーク・モビアス、右、Sirジョン・テンプルトン(1912年-2008年)

2000年代

写真 :グレゴリー(グレッグ)・E・ジョンソン

2000年

カナダ株やバランス運用、債券運用において高い評価を得ていたカナダの著名な運用会社ビセット社を買収。

2001年

機関投資家および富裕層向けビジネスに強みを持つフィデュシャリー・トラスト・カンパニー・インターナショナル社を買収。

2003年

新興国市場におけるプライベート・エクイティ投資のパイオニアであるダービー・オーバーシーズ・インベストメント社を買収。

2005年

グレゴリー・E・ジョンソンがフランクリン・テンプルトンの最高経営責任者(CEO)に就任。

(写真 :グレゴリー(グレッグ)・E・ジョンソン)

2010年代

フランクリン・テンプルトンは、お客様のためにより良い結果を生み出す戦略とイノベーションを追求し続けました。

2012年

ヘッジファンド・ゲートキーパーでオルタナティブ商品やソリューションを提供するK2アドバイザーズの株式の過半数を取得。これにより、フランクリン・テンプルトンのオルタナティブ商品が拡充されました。

2013年

50年以上にわたりフランクリン・テンプルトンに成長と変化をもたらし成功へと導いたチャールズ・B・ジョンソンが会長職を退任。ハードワーク、そしてお客様への献身と絶え間ないサービスの上に成功は築かれる、というのが彼の信念でした。

2014年

初めての上場投資信託(ETF)商品の販売を開始。低コストかつ透明性の高い手段による投資専門家のサービスの提供を始めました。現在も、アクティブ、パッシブ、スマートベータ戦略を含むFranklin Liberty Shares ® ETFのラインナップを世界規模で拡充しています。

2018年

定評のあるグローバルバリュー資産運用会社であるエジンバラ・パートナーズを買収。これにより、グローバル株式商品が強化され、高く評価されている投資チームとリーダーシップが加わりました。

2019年

大手オルタナティブ・クレジット運用会社ベネフィット・ストリート・パートナーズを買収。これにより、フランクリン・テンプルトンのオルタナティブ商品が増強され、オルタナティブ・クレジット戦略を含む債券商品が拡充されました。

2019年11月

15年にわたりCEOを務めたグレッグ・ジョンソンはフランクリン・リソーシズの取締役会長に就任。ジェニー・ジョンソンが次期CEOに任命されました。

(写真 : イメージ)

2020年代

写真:社長兼最高経営責任者(CEO)ジェニー・ジョンソン

2020年2月

ジェニー・ジョンソンがフランクリン・テンプルトンの社長兼最高経営責任者(CEO)に就任。複数の企業の買収を行う等、フランクリン・テンプルトンは新たな成長局面へと入りました。

2020年1月

大手ウェルスマネジメント会社のペンシルベニア・トラスト(Pennsylvania Trust)とアテナ・キャピタル(Athena Capital)を買収。

2020年5月

大手デジタル・ウェルスマネジメント・プラットフォームのプロバイダー、アドバイザーエンジン(AdvisorEngine)を買収。

2020年7月

米国大手資産運用会社レッグメイソンとその傘下の運用会社を買収。過去最大規模の買収を行い、債券コア、アクティブ株式、オルタナティブ、マルチアセット・ソリューションズなどの主要な成長分野における運用商品の拡大に加え、優れたリーダーシップも加わりました。

2020年は、前例のない世界的なパンデミックの発生によりほぼ全員がリモートで仕事をするという中で、大きな成果を上げた年でした。フランクリン・テンプルトンは、世界中のお客様により良いサービスを提供するため、引き続き、金融テクノロジー、ウェルスマネジメント、アセット・マネジメントの企業への投資機会を探ってまいります。

(写真 : ジェニー・ジョンソン)

当ウェブサイトは、日本国内に居住されているご投資家を対象としています。
This website is for Japan residents.

ページトップへ
サイトマップ

フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社のウェブサイトから移動します。「OK」をクリックすると、外部のウェブサイトへ移動します。当該外部ウェブサイトが提供する情報やサービスはフランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社およびその関連会社が確認・保証・承認するものでも、いかなる金融商品取引の勧誘を目的とするものではありません。当該外部ウェブサイトにおける諸条件、個人情報保護方針・セキュリティーポリシー、その他規制情報等は、フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社のウェブサイトと異なる可能性があることに留意してください。フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社は、当該外部ウェブサイトを利用したことにより生じた、いかなる直接的あるいは間接的な技術的なまたはシステム上の問題や影響、損害に対する責任を一切負うものではありません。

OK 閉じる