• ファンド情報・基準価額一覧
  • マーケット情報
  • 特 集
  • 動画コンテンツ
会社案内
機関投資家の皆様
  • 運用戦略一覧
  • 関連レポート一覧
  • 関連動画一覧
お気に入り
ホーム会社案内 > サステナブル投資

サステナブル投資

お客様の長期的な価値創造のため、
スチュワードシップ活動と
持続可能性(サステナビリティ)に注力

投資判断は我々を取り巻く環境に重要な影響を及ぼします

フランクリン・テンプルトンでは、サステナブル投資と環境・社会・ガバナンス(ESG)分析に注力することにより、お客様により良い運用成果をご提供できると考えます。
さらに、お客様の資金を運用することにより、環境等に対する変化・改革の実現を目指します。

「市場でまだ認識されていない重要な知見につながるESG要因を特定することにより、ポートフォリオにおける持続可能なリターンの創出を目指します。」

ジェニー・ジョンソン
ジェニー・ジョンソン
社長兼最高経営責任者

長期的で持続可能な価値の創造

サステナブル投資は、お客様に長期的な価値をご提供するために不可欠な手段であると考えます。

フランクリン・テンプルトンでは、運用プロセスにESGの観点を組み入れることにより、お客様へのより良い運用成果の提供を目指します。

ESGに関する状況は急速に変化を続けており、フランクリン・テンプルトンでは全社的に受託者責任を重視した資産運用を行うと同時に、スチュワードシップ活動とサステナブル投資においてグローバルリーダーとなることを目指します。

フランクリン・テンプルトンの持続可能性(サステナビリティ)についての考え方は以下の通りです。

サステナビリティが長期的な価値創造とポートフォリオのパフォーマンスのけん引役となることを示唆するデータが増加しています。

適切な投資を行うことで、持続可能な社会、環境、ガバナンス構造の強化につながり、それにより企業の経営の事業強化にも結びつきます。

企業の発展に必要な変化を促すため、運用会社やその他株主は、投資先企業との積極的な対話や株主行動が必要です。

運用グループの多様な洞察

フランクリン・テンプルトンの運用グループは、お客様によってサステナビリティに関する嗜好が様々であるのと同様に、多様性に富んでいます。そして、お客様の投資目的に合った革新的なソリューションの提供を目指します。

フランクリン・テンプルトンでは、グローバル運用会社としての強みと、傘下の各グループ運用会社のブティック型の専門性という2つの異なる価値を提供します。

スチュワードシップ&サステナビリティ・カウンシルは19の運用チームを統合して構成されており、様々な分野のテーマについての幅広い洞察を統合し同調させるという、重要な役割を担っています。

このカウンシルは、株式、債券、オルタナティブ、マルチアセットといった主要な資産クラスにまたがるフランクリン・テンプルトンのサステナブル投資戦略の多様性と豊かさを反映しています。各グループ運用会社は独立して多様な観点からESG要因を分析しており、これにより、より革新的なサステナブル投資のソリューションの提供が可能となっています。

「ESGに関する状況は急速に変化を続けており、我々はこの変化の先頭に立つ努力を続け、影響をもたらすことができるよう最善を尽くします」

デビッド・シーズビー
デビッド・シーズビー
マーティン・カリー、スチュワードシップ兼ESGヘッド、エジンバラ

関係機関との協働

フランクリン・テンプルトンと傘下のグループ運用会社は、企業やポートフォリオレベルでのサステナビリティの観点を組み入れるため、ベストプラクティスの促進と確立を行う関係機関との協働にも取り組んでいます。フランクリン・テンプルトンが積極的に協働に取り組んでいる関係機関は下記の通りです。

フランクリン・テンプルトンの責任投資原則(PRI)署名

フランクリン・テンプルトンは2013年4月以来、責任投資を支持しリードするグローバル投資家ネットワークである責任投資原則(PRI)の署名機関です。

また、傘下のグループ運用会社はすべて、それぞれPRIの署名機関となっており、中でもクリアブリッジは2008年の署名以来、長期にわたり署名機関となっています。一部のグループ運用会社では、2020年の年次評価において、PRI評価の主要な分野においてAまたはA+の高い評価を受け、全ての分野で平均スコアを上回りました。

その他のグループ運用会社のESGアプローチの詳細については、こちらをクリックしてください。

「サステナブル投資は、我々の業界の未来です。我々は、投資判断が現実世界に及ぼす影響を理解するため、先を見据える必要があります。」

デビッド・ザーン
デビッド・ザーン
サステナブル投資&欧州債券運用担当ヘッド、ロンドン

幅広い運用ソリューションをご提供

フランクリン・テンプルトンでは、お客様の投資目的に応じて、ESGに注力した幅広い運用ソリューションをご提供しています。それぞれ異なる投資家の皆様の投資目的や嗜好に合わせて、5つの分野に分類しています。

ESGインテグレーション

ESG要因を運用プロセスに組み入れることによる恩恵を考慮したポートフォリオを構築します。

ESGティルト型投資

相対的にESG特性が高い企業へ投資します。

価値観主導型

社会的、宗教的、環境的価値といったお客様の価値観に沿った特定の基準に応じた投資を行います。

テーマ型投資

特定の環境・社会トレンド、セクター、業種に着目した投資を行います。

インパクト投資

投資リターンに加えて、特定の社会や環境にプラスで計測可能な成果をもたらすことを目的に投資を行います。

レポート・資料等

グローバル・シチズンシップ

グローバル・シチズンシップとは、組織としての活動や最高水準のガバナンスと透明性をもった企業経営などについてのフランクリン・テンプルトンの行動規範を示したものです。責任ある企業市民としての企業価値についての概念が織り込まれており、ESGも含まれます。グローバル・シチズンシップへの注力により、お客様を守るとともに、今後の当社のさらなる発展につながるものと考えます。
詳細はこちら(英語表記のみ)

ESG方針・関連資料

当グループの方針や資料については以下からご覧いただけます。グループ運用会社の基本方針については、各運用会社のウェブサイトをご参照ください。

その他関連資料(英語表記のみ)

当ウェブサイトは、日本国内に居住されているご投資家を対象としています。
This website is for Japan residents.

ページトップへ
サイトマップ

フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社のウェブサイトから移動します。 「OK」をクリックすると、外部のウェブサイトへ移動します。当該外部ウェブサイトが提供する情報やサービスはフランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社およびその関連会社が確認・保証・承認するものでも、いかなる金融商品取引の勧誘を目的とするものではありません。当該外部ウェブサイトにおける諸条件、個人情報保護方針・セキュリティーポリシー、その他規制情報等は、フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社のウェブサイトと異なる可能性があることに留意してください。フランクリン・テンプルトン・ジャパン株式会社は、当該外部ウェブサイトを利用したことにより生じた、いかなる直接的あるいは間接的な技術的なまたはシステム上の問題や影響、損害に対する責任を一切負うものではありません。

OK閉じる