フランクリン・テンプルトン債券グループ

概要

フランクリン・テンプルトン債券グループは、世界各地の拠点に配置された100名超の運用プロフェッショナルから構成される統合的なグローバル債券運用プラットフォームです。当グループが最初の債券ポートフォリオを設定したのは40年以上前で、以来30年超にわたって機関投資家向けの運用を手掛けてきました。

当グループは、世界の債券運用で主導的な地位にあり、債券の主要分野を網羅する高度な専門知識を有します。この分野には、投資適格社債、ハイイールド社債、モーゲージ債、アセットバック証券、グローバル・ソブリン債およびエマージング債、地方債、バンクローンなどが含まれます。主要分野ごとに専任のチームを配し、徹底した市場分析によって、独自の投資機会を特定することが可能です。多くの国に配した現地の専任チームに加え、リサーチやポートフォリオ・レビューに参加するクオンツ・リサーチ・チームによって、当グループのグローバルな視点はさらに高められます。こうしたグローバルな枠組みと、重要なボトムアップのリソース、そして統合されたクオンツグループにより、規律的なアプローチでポートフォリオを構築することが可能となっています。

  • トップダウン分析: 各分野のシニア・リーダーが、世界経済のトレンドと債券市場のサイクル分析に基づき、市場、セクターおよび通貨の見通しを決定します。
  • ボトムアップ・リサーチ: 専任のセクター・スペシャリストが担当分野における相対的に割安な投資機会の発掘にフォーカスし、徹底的な独自のリサーチを行います。
  • クオンツ分析/リスク管理: 運用管理プロセスでは、リスクを理解することが不可欠です。専任チームが景気およびクレジット・サイクルを通じて継続的なリスク評価を担当します。

フランクリン・テンプルトン債券グループの概要


設立

1970年

運用
スタイル

債券

提供戦略

シングル・セクターおよび
マルチ・セクター戦略

強み

  • 世界各地の拠点に配置された専任の債券プロフェッショナル
  • 規律あるリスク・コントロールとその管理手法
  • 証券、セクターおよびグローバル市場全般における多様な潜在的アルファの源泉の追求