フランクリン・テンプルトン・エマージング株式グループ

概要

フランクリン・テンプルトン・エマージング株式グループは、テンプルトンのボトムアップ・アプローチに基づく長期バリュー重視の運用哲学にならって、エマージング市場およびフロンティア市場における投資機会の発掘に注力しています。当グループを通じて両市場のダイナミックな経済成長の潜在性に投資することが可能です。

エマージング株式投資のパイオニア:

エマージング市場に起こった大きな政治的、構造的変化を見逃すことなく、他に先駆けて1987年にエマージング市場に特化したファンドを設定しました。

一貫した投資哲学:

Sir. ジョン・テンプルトンが70年以上前に確立したバリュー重視の投資哲学に基づく一貫したエマージング株式運用を行っています。

経験豊富で安定したチーム: 

世界20拠点に80名以上の運用プロフェッショナル1を配置し、現地でしか得ることの出来ない経済動向等の情報を収集しています。

フランクリン・テンプルトン・エマージング株式グループ


設立

1987年

運用
スタイル

バリュー

提供戦略

グローバル、地域別、単一国

強み

  • 70年超にわたるグローバル株式市場でのバリュー運用と、規律ある長期的なアプローチ
  • エマージング市場に特化した30年超にわたる運用専門経験
  • 真にグローバルな足跡を刻む世界各地に配置されたリサーチ・チーム