日本

This website is intended for residents of Japan.

責任投資

責任投資(RI)においては、企業や国の将来の財務状況についての評価を行うために、環境・社会・ガバナンス(ESG)という重要な要因の分析が行われます。

FTの責任投資

ESG分析を行うことは、単に投資に伴うリスクを発見し、把握するだけでなく、投資機会を捉えることにもつながると考えます。フランクリン・テンプルトン(FT) では、従来からの財務情報とESG要因をあわせて考慮することにより、投資に関する包括的な見通しを策定し、持続可能なリターンの創出につなげています。


「重要なESG要因による経済的影響を理解することで、十分な情報に基づいた投資判断を行うことができると考えます。」

フランクリン・テンプルトンの責任投資

哲学、プロセス等

「FTのESG要因を考慮した運用アプローチは、グローバルにおける様々な運用チームにより、ESG専任チームと協働して実践されています。」

FTでは、最も効果的と考えるESGの分析手法を運用プロセスに取り入れ、投資対象に対する従来の財務分析を補強しています。 これにより、ESG分析を、新たな投資機会の発見と、長期的なリスク・リターンの効率化に役立てています。

上記はイメージ図です。

ESGに関する役割分担


運用プロフェッショナル

ESG要因を考慮した調査やスチュワードシップ活動
(対話・議決権行使)を実施

リスク管理
プロフェッショナル

ESG要因をポートフォリオのリスクモデルと
分析において考慮

ESG専任チーム

独立したESG分析、知見、研修を提供

積極的株主行動-お客様の資産を守り、運用パフォーマンスの向上を図る

適切なスチュワードシップ活動はお客様の資産を守り、運用パフォーマンスの向上につながると考えます。当グループのポートフォリオ・マネージャーとアナリストは投資先の役員や取締役と対話を行い、企業等の長期的な見通しに重要と考える課題について精査しています。

また、当グループは有益な知見を有する業界団体、非政府組織(NGO)、学術機関、その他専門家と情報交換を行い、協働しています。

受託者責任の一環として、議決権行使の重要性を十分理解しており、お客様の最善の利益を考えた議決権行使を行います。

日本法人

お客様の投資目的に応じた幅広い運用ソリューションをご提供

価値観主導型

宗教的・倫理的価値といったお客様の価値観に沿った特定の基準に応じた投資を行います

ESGティルト型投資

ESGに関する取り組みを積極的に行う企業への投資や、取り組みが標準を下回る企業との積極的な対話を行います

テーマ型投資

製品やサービスを通じて社会・環境問題に取り組む企業に着目した投資を行います

インパクト投資

社会や環境にプラスで計測可能な成果をもたらすことを目的に投資を行います

関係機関との協働

FTは、ESGの促進と効果的な実践方法の確立を図っている機関と協働し、責任投資を推進しています。

業界における評価

FTは2013年4月以来、責任投資原則(PRI)の署名機関となっています。 2019年の年次評価において、全ての分野においてピア平均スコアを上回りました。

PRIレポート ピア比較1

  • フランクリン・テンプルトン2019
  • ピア平均2019

コーポレート・シティズンシップ活動:FTの取り組み(英語のみ)

社会的貢献やESGへの配慮は、FTIの企業価値の一部となっており、FTの将来に亘る成長とお客様の資産の保全につながると考えています。企業運営にあたっては、受託者責任の重要性を十分に認識した運営を行っています。


詳しくはこちら

注釈

  1. フランクリン テンプルトン インベストメンツは、国連責任投資原則(UNPRI)の評価方法の信頼性やUNPRIが提供する評価レーティングの正確性について保証していません。PRI報告フレームワークにおける各指標のスコアリング方法についての詳細につきましては、以下のリンクをご参照ください。https://www.unpri.org/signatories/about-pri-assessment

ESGに関する基本方針

当グループの責任投資に関するアプローチやガイドラインの詳細について、こちらからご覧いただけます。


武器製造等に関わる企業の投資対象からの除外に関する方針(FTI Controversial Weapons Policy、英語のみ)


議決権の行使について(日本法人)


「日本版スチュワードシップ・コード」の受入れについて